まずは資料請求 15時までのご依頼で当日発送まずは資料請求 15時までのご依頼で当日発送
0120-098-392 24時間364日受付ダイヤル
メニュー
  1. 花花会館TOP
  2. もしもの備え
  3. 終活情報誌「もしもの広場」 目次
  4. vol.10
  5. お迎えに行った時

北九州から信する終活情報誌
「もしもの広場」

お迎えに行った時

 先日、病院に故人様をお迎えに行った時、ご遺族の方が「親戚からは怒られたけど、おたくに2度ほど相談に行っておいて良かった」とおっしゃいました。 その方は元警察官で「遺体を見るのは平気だが、自分の親となると話は別だ。頭の中が真っ白だ。だけど、大まかにでも必要な事を決めたり、わからないことを尋ねていたりしたので、少しは気が楽だ。」とも言われました。

最近こうした事前相談(直前相談)のために葬儀社にいらっしゃる方が増えています。

事前相談の内容を整理すると以下のようです。
1.祭壇や棺をどのようなものにするのか? 費用のおおよその見積もりをしたい
大切な方を亡くした直後は精神的・肉体的に疲れ果て、冷静な判断ができにくい状況になります。
その結果葬儀社主導でことが運び、 高額な費用になったり、本当にしてあげたかったことができなかったりということが発生しがちです。事前に相談をしておけば冷静に客観的な判断ができます。

2.葬儀の内容・お別れの方法を教えてほしい
遺族は大切な家族のためにどのようなことをしてあげられるのか、その人らしいお葬儀・悔いの残らないお葬儀を葬儀社と共に考えることができます。

3.寺院を紹介してほしい
最近はお寺との付き合いのない方が増え、その紹介や付き合い方を知りたいという相談もたくさんあります。

4.式場・施設を実際に見学してみたい
たくさんの参列が予想される方は駐車場を含めた式場や施設(控え室など)の状況を確かめ、自分の家に適した葬儀社を選択する材料にされているようです。

5.家族だけで送りたいのだが・・・
家族だけのでの葬儀にふさわしい式場やその際の留意点について知りたいという方も増えてきました。

6.もしものときにはどうしたらいいの?
大切な人を看取ろうとしているときに葬儀社に足を運ぶことはその人の死を受け入れるためではありません。信頼できる葬儀社を探し、そこでいろいろなことを相談することで、 不安で一杯の精神状況を少しでも軽くするためなのです。
葬儀は一回限り。悔いのないお別れをするための事前相談だと考えていただきたいと思います。

閉じる

ページトップページトップ