まずは資料請求 15時までのご依頼で当日発送まずは資料請求 15時までのご依頼で当日発送
0120-098-392 24時間364日受付ダイヤル
メニュー
  1. 花花会館TOP
  2. もしもの備え
  3. 終活情報誌「もしもの広場」 目次
  4. vol.6
  5. 葬儀社に電話したつもりが…

北九州から信する終活情報誌
「もしもの広場」

葬儀社に電話したつもりが…

 ある日の夜中にお葬式の依頼の電話が入ってきたのですが、どうも電話先の依頼者の様子が変なのです。
初めて受けた電話なのに「さっき、折り返し電話をしてくれと言ったのに、いつまでたっても電話がない。とにかく○○病院まで迎えに来て」と言うなりすぐに電話を切られてしまいました。狐につままれたようなお話しです。

とにかく、お迎えの手配などを進めていると「葬儀本」というインターネットを使った葬儀社紹介業者から電話がありました。「お客様に御社を紹介しました」と言うのです。 このお客様というのが先程の電話の方。 これで状況が少しずつわかってきました。

さらに、お迎えの車が当社に到着し、喪主様とお話しを進める中で、この件の全容を把握することができました。
喪主様は以前から当社での葬儀を希望していたものの、当社の電話番号をご存じなかったようです。そこで、インターネットを使って当社を検索し、そこに表示された番号が当社のものだと思い込み葬儀依頼の電話をかけました。
ところがその電話の繋がった先は遠方であったらしく、公衆電話で百円玉を使ってもすぐに切れてしまいます。さらに電話先での対応は、要領を得ないし、事務的だし、折り返しの電話を待っていてもかかってこないし、本当に立腹していたとのことです。

要するに喪主様は当社に電話をしたつもりだったのが、最初は大阪の葬儀社紹介業者に電話がつながっていたのです。
もちろん当社はそうした紹介業者に登録したことも無ければ、葬儀依頼の取り次ぎを委託したこともありません。勝手に自分のホームページに当社のことを掲載していたのです。
そうしたことを説明する中で喪主様の怒りは除々に静まっていきました。実は、このような葬儀社紹介サイトが増えてきています。
最近では大手流通業者のイオンまで参入してきました。
こうした業者はお客様を紹介するだけで高い手数料を取ろうとしているのです。

今回の場合、「葬儀本」からは二割の手数料を請求されましたが、喪主様の意向や当社の承諾無しに会社情報が掲載されたことなどの問題点を指摘し、丁重にお断りしました。
また、今後当社の情報は一切掲載させないという当社の意向も伝えました。少し考えれば分かることですが、この紹介手数料は葬儀費用に必ず跳ね返ってくるものです。
適正な価格設定をしている葬儀社ならば、余分に支払う紹介手数料分をどこからか捻出しなければなりません。その方法は、手数料分を費用に追加するか葬儀内容の質を落とすことになるでしょう。
あるいは、最初から葬儀費用を高く設定し手数料を支払っても十分な利益を見込んでいくかです。いずれにしてもお客様の経済的負担が大きくなるだけの話です。また、紹介業者は葬儀の専門家ではありません。
だから葬儀に本当に必要なことも知らず、具体的には何もできないのです。皆様の中には便利さにつられてこうした業者のサイトを鵜呑みにされる方もいらっしゃるかもしれませんが、是非慎重に考えていただきたいものです。
何よりも今回の一件で、お身内を亡くしてつらく悲しい状況の中、結果的にご遺族を振り回すようになってしまったことが悔やまれてなりません。

閉じる

ページトップページトップ