まずは資料請求 15時までのご依頼で当日発送まずは資料請求 15時までのご依頼で当日発送
0120-098-392 24時間364日受付ダイヤル
メニュー
  1. 花花会館TOP
  2. もしもの備え
  3. 終活情報誌「もしもの広場」 目次
  4. vol.12
  5. 相続対策における「生命保険」の効用

北九州から信する終活情報誌
「もしもの広場」

相続対策における「生命保険」の効用

 某ライフプランナーよりのアドバイス

「相続の現場」においては、遺産分割について自分の意思が通らない・受け取る財産に納得がいかないといったことをきっかけに、相続人同士相手に対する積年の感情なども表面化し、そうなったことでさらに遺産分割問題が激化するといった過程を巡ります。

「生命保険」はこのような相続人同士の泥沼の対立・骨肉の争いを回避するためにさまざまなケースにおいて生前対策として活用できます。例えば相続財産での中で不動産が多くを占める場合には分割が困難です。
このような場合に対立や争いを回避するために、 分割が容易な財産となる現金を死亡保険を受け取ることにより確保することができます。
また、相続人の中で確実に現金を受け取らせたいと思う人が存在するならその方を死亡保険金の受け取り人の指定することでその思いを実現できます。それから相続対策として死亡 保険金を納税資金として活用することができます。
その他にも相続発生時に支払われる死亡保険金を死亡した際に発生する様々な対応(例えば葬儀代金など)の資金として活用することもできます。

 最後に、受取人となる方の資産形成にも活用できる効用もあります。このように遺産分割のための資金や相続発生時に起こる様々な費用の対応資金として活用することができます。
ただし、それぞれの家庭の事情にあった生命保険の活用を検討される場合は是非、 専門家の方と相談して実情にあった利用方法を検討してください。

閉じる

ページトップページトップ