まずは資料請求 15時までのご依頼で当日発送まずは資料請求 15時までのご依頼で当日発送
0120-098-392 24時間364日受付ダイヤル
メニュー
  1. 花花会館TOP
  2. Q&A
  3. マナー・しきたり

お葬式Q&Aマナー・しきたりに関するご質問⑯

ご遺族に対しお悔やみの言葉はどのようにかければよいのでしょうか?

ご遺族への「お悔やみの言葉」は、誰にとっても難しいものです。真心込めて言葉数は少なくても自分の気持ちを素直に伝えましょう。
具体的にはその場の状況に応じての判断となりますが、弔問客が多い時などは、手短に「悲しいお知らせで驚きました、お悔やみ申し上げます」や「お世話になっておりました、残念でなりません」等でも十分に弔意は伝わります。
お悔やみは、喪主か遺族方に述べるものですが、ときには喪主があまりにも気落ちしていて声が掛けづらいようなケースもあります。そのような場合は、無理に声を掛けずご親戚や関係者に述べるだけで失礼してもかまいません。
また、不幸が続く事を避けるという意味から、重なる言葉は「忌み言葉」とされています。「たびたび」「再三」「重々」「かさねがさね」「追って」「またまた」等はどれもうっかり使いそうな言葉だけに注意したいものです。
更に、浄土真宗では「お悔やみ」という表現自体使いません。

もっと詳しく知りたい方は!

お葬式Q&A

これ1冊で葬儀がわかる!
「お葬式Q&A」
資料請求にてプレゼント中

資料請求にてプレゼント

資料請求(無料)はコチラ

Q&A一覧へ戻る
ページトップページトップ