まずは資料請求 15時までのご依頼で当日発送まずは資料請求 15時までのご依頼で当日発送
0120-098-392 24時間364日受付ダイヤル
メニュー
  1. 花花会館TOP
  2. Q&A
  3. マナー・しきたり

お葬式Q&Aマナー・しきたりに関するご質問⑰

知人が、亡くなったことを葬儀後に知りました。ご自宅に弔問しようと考えていますが、
服装は平服でよいのでしょうか?また、気を付ける点などあれば教えてください

ご弔問の服装は、やはり略礼服(黒スーツ)が最善です。葬儀に参列か、葬儀後の弔問かを問わず、弔意を表すには最もふさわしい服装だからです。
あるいは、ダークスーツ(濃紺や濃いグレー)に白ワイシャツと黒ネクタイであれば、まったく問題はありません。
上記以外の服装はお勧めできません。また、弔問に伺う際には、服装以外にも次のような点に配慮をされると良いでしょう。まず、宗派に関わらずお数珠は必ずご持参ください。そして、ご霊前の飾りを見て明らかに仏式以外(神道やキリスト教)と判断できたならばお数珠を使用せずに合掌されるとよいでしょう。次に、ご香典は必ず「ふくさ」に包んでお持ちください。万一、剥き出しの香典袋をポケットから取り出したりしますと折角のご弔問なのに粗雑な印象を与えてしまいます。混雑する葬儀時の受付と違って、ご自宅への弔問は全ての所作がご遺族の目に映りますのでより一層の気配りが必要といえます。できれば、ご香典に添えて小さな花束をお供えし、焼香が済んだ後には故人の思い出話をなさられると、ご遺族にとっては何よりの供養となりあなたの気持ちが伝わることでしょう。

もっと詳しく知りたい方は!

お葬式Q&A

これ1冊で葬儀がわかる!
「お葬式Q&A」
資料請求にてプレゼント中

資料請求にてプレゼント

資料請求(無料)はコチラ

Q&A一覧へ戻る
ページトップページトップ